・信州大学医学部外科学教室 「2023年度研修医募集フライヤー」

2022年度向けに制作した2種類の研修医募集ポスターが好評で、2023年版も制作させていただきました。 それぞれに活躍されている4教室の教授陣を全面に打ち出したインパクトあるデザイン。「俺たちについてこい!」というメッセージ、きっと医学生たちに伝わるはずです!

【2022年度版】

others-2022b

 others-2022a

【2023年度版】

others-2023

・プレサイトはいわば「映画の予告編」!

広島大学 脳神経外科 プレサイト

results-nouge_hiroshima_u

広島大学 脳神経外科 プレサイト

弊社では、本サイトの公開前に先行して「プレサイト」を短期間で制作して立ち上げるといったサービスも行っています。
2021年に公開した広島大学脳神経外科様のプレサイトは、受注してわずか1カ月でスピード公開。
当初は教授交代のタイミングでのホームページ公開を希望されていましたが、本サイトでは20ページ以上のコンテンツを予定しており、制作に最低3カ月は必要です。そこで、新しい教授のご挨拶と医局員募集にしぼりこんだ1ページだけの「プレサイト」を、本サイトに先駆けて公開しました。

プレサイトの制作ポイントは、1ページだけのサイトであること。ダイナミックなビジュアルで印象付け、本サイトへの期待感を高めます。いわば、映画の予告編と似ているかもしれません。
あまり情報の深掘りはせず、大きなつかみでメリハリのある情報発信をすることも大事ですし、新しいドメイン(ホームページのアドレス)をGoogleやyahoo!に認知させる役目もあるので、検索キーワードを盛り込むことも重要です。

・日米間でリモート会議を活用、 コロナ禍で救急医学のウェブサイトを制作!

聖マリアンナ医科大学 救急医学

marianna-eccm

聖マリアンナ医科大学 救急医学

聖マリアンナ医科大学といえば、コロナの患者さんを全面的に受け入れた病院。救急医学はその最前線となる現場です。
米国フィラデルフィア(ペンシルヴァニア州)に留学中の担当医師たちと週一回リモート会議で打ち合わせを実施し、コロナ禍でありながら、受注~本番公開まで3カ月という異例のスピードを実現しました。

従来のウェブサイト制作では、何度か現場に出向いて打ち合わせを重ねるものですが、コロナ禍では病院に入れないことが多く、リモート会議を徹底的に活用。PC・スマホさえあればいつでもどこでも会議を開催でき、すぐ目の前に相手がいるかのようにコミュニケーションを図れます。

フィラデルフィアと日本の時差は10数時間。毎回会議は1~2時間以上続きましたが、救急医療に携わる医師のタフさと粘り強さを実感しました。突然メールで会議のオファーが入ったり、会議中に急患が運び込まれ、参加者の一人が戻らなかったりと、制作中はスリリングな日々でした。

聖マリアンナ医科大学 救急医学は専門医の数が多く、「患者さんの受け入れを断らない」という教授の強い想いで、99.7%という高い救急応需率を達成しています。医療の最前線を支える、志の高い学生の募集につながってほしいと思います。

・名古屋大学創立150周年記念事業で小児科のPR動画を制作!

名古屋大学医学部小児科

results-nagoyacumedped

2021年、名古屋大学医学部は創立150周年を迎えました。「150周年記念事業」の一環として、Webオープンキャンパスで全診療科のPR動画コンペを開催。縁あって、名古屋大学医学部小児科のPR動画を制作することになりました。

動画制作のポイントは、撮影後の編集作業を考えること。シナリオを組み立て、撮影カット数やシーンなど、教授や関係スタッフときめ細かな打ち合わせをして撮影に臨みます。特に今回は、緊迫するNICU(新生児集中治療室)で撮影したり、小さなお子さんを患者モデルにしたりと撮影の難易度が高く、状況に合わせて瞬時に判断しながら進めました。

制作時に心掛けているのはコミュニケーションと創造力。撮影現場では、どうすれば良い映像が撮れるかコミュニケーションを取りながら、つねにベストなシーンをイメージし続けています。

動画は、1分間だけで180万字分(A4で3,600頁)の情報量に匹敵するといわれています。最近はスマホなどで手軽に動画が撮れますが、しっかりとした脚本、演出の工夫(現地でのディレクション)、確かな撮影技術、そして編集力があるからこそ評価をいただけているのだと思います。

完成した動画については「すばらしい出来栄えと思います」と高橋教授からコメントをいただきました。この一言が我々にとって最高のメダルです。

・東部・西部医療センターとの統合を機に、医局ホームページもパワーアップ

 名古屋市立大学消化器外科学

 nagoya-cu-gs

名古屋市立大学消化器外科学

2021年4月、東部医療センターと西部医療センターが名古屋市立大学の医学部附属病院へ統合されました。これを機に、名古屋市立大学消化器外科学はホームページで3病院連携による強みを打ち出すことに。

大学病院附属化の告知だけでなく、3病院連携による体制強化を教授自らの言葉で語っていただきたいと考え、教授の動画インタビュー第2弾「最先端の治療をもっと身近に」をご提案。ほかにも先輩インタビュー、手術支援ロボット・ダヴィンチを取り上げる新規ページなどを提案したところ、教授にご快諾いただきました。

動画インタビューではインタビュー内容に合わせ、オペ室、診察室、大講堂で撮影を敢行。手術の先進性を語るときはオペ室、患者さんに寄り添うお話は診察室、そして3病院連携による未来については大講堂と、撮影場所をあえて変えることで、映像にメリハリとストーリー性が生まれました。

ご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへ

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)