コラム

「Windows XPサポート」終了まで残り9カ月。難民化しないために、XPユーザがするべきこと。

すでに皆さまご存知と思いますが、2014年4月9日で、Windows XPのサポート期限が終了します。

どういうことかというと、今までマイクロソフトから提供されていたセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、利用し続けるのは危険な状態になることを意味します※。
「ネットに繋げないから私は大丈夫」というあなた。USBメモリなどからウイルスが侵入することもあり得るので、他人ごとではありません。

対策としては次の2つ。

1)今のPCに新しいWindows 8を導入する
あまり古いPCだと導入要件を満たす事ができないため、マイクロソフトが用意している「アップグレードアシスタント」を使って調べてみましょう。
[参考] Windows 8 へのアップグレード

2)Windows 8が導入できない場合は、新しいPCを用意する
「Windows転送ツール」を使ってデータを移行してください。
[参考] Windows 転送ツール
[参考] Windows7/Vista/XPからWindows8にデータや設定項目を移行する方法

古いPCはデータを消去した上で、購入したメーカーが用意している窓口に連絡し、リサイクルに出してください。
なお、ネットとメールしか利用しない方は、タブレットに乗り換える手もあります。

業務で使っているPC環境を新しくするのは、なかなか骨の折れる作業とコストがかかると思いますが、こればかりは仕方ありませんね…。
弊社で提供しているメールの設定が分からなくなった場合は、担当者までお問い合わせください。また移行についてなにかお困りごとがあればお気軽にご連絡ください。

※サポート期間が終了しても、WindowsやPCそのものが使えなくなるわけではありません。

ご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへ

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)