コラム

2014年のコラム一覧

もう検索は「見る」「聞く」だけじゃない。“さわって感じる”楽しい検索。

先日、ある歯科医の先生にお会いしたときのこと。CT
画像をもとに3Dプリンターで作成した顎骨の模型を見せ
てくださいました。まだバリ(はみだし)などの問題は
あるものの、3Dが身近になってきたことを感じました!

この3Dプリンターを使って「さわれる検索」というユニークな試みをしているのが、検索サイトでおなじみのヤフーです。
検索したいキーワードをマシン「さわれる検索」に呼びかけると、なんと、3Dプリンターで立体物にして目の前に出力してくれるんです。このマシンは、筑波大学附属視覚特別支援学校に寄贈され、子どもたちの「さわりたい」に応えているそうです。

「さわれる検索」 by YAHOO! JAPAN
http://sawareru.jp

うれしそうな子どもたちの笑顔が印象的ですね!
3Dから立体物へ。その鍵となるのは、やはり3Dデータです。最近、医療業界においても3D画像のニーズが高まりつつあり、文創社でもノウハウを積んでいる真っ最中です。
「こんなことをしてみたい」という要望があれば、ぜひお声がけください。

ウェブサイトとホームページの違いって?

よく「ホームページ制作」という言葉が使われますが、本当は「ウェブサイト(単にサイトともいう)」と呼ぶのが正しいです。この2つの言葉、どう違うのか、ご存知ですか?

ウェブとは、もともと「くもの巣=web」からきている言葉で、インターネット上にある書類をリンクでつなぐ仕組みのこと。Yahoo!等の青い下線の文字やバナーボタンをクリックすると、別のページが表示されますが、リンクが網の目のように張り巡らされた状態が「くもの巣」のようなので、そう名づけられました。そして、ウェブ上にある複数のページの集まりをウェブサイトと呼びます。

一方、ホームページとは本来、ウェブサイトの最初のページ(トップページ)を意味します。(※)
では、なぜ皆がウェブサイトのことを「ホームページ」と呼ぶのでしょう。昔は、トップページによく「○○ホームページ」というタイトルがつけられていたこと、また、日本人に分かりやすい単語であったことが定着した理由と言われています。

あまりに定着しているため、ホームページと言った方が通じやすく、また検索されやすいので、弊社でも「ウェブサイト制作」ではなく、あえて「ホームページ制作」と呼ばせていただいております。

※ その他に、ウェブブラウザ(インターネットエクスプローラー等)を起動した時に最初に表示されるページ(スタートページ)という意味もあります。

ネットとリアル店舗の融合。店に近づくだけで、スマホにピコーン! とお知らせが。

最近よく使われるようになった「O2O」という言葉をご存知でしょうか。
「Online to Offline」の略で、ネット(オンライン)とリアル(オフライン)の連携のこと。
少し詳しくいうと、ネットでの行動や情報が、リアルの店舗での購買に影響を与える施策をいいます。

あまり知られていないのですが、そのO2Oが更に便利になる技術が、iPhoneに搭載されています。それが「iBeacons(ビーコン)」という近距離の無線通信技術。
省電力のビーコン端末を店舗に設置すると、近づくだけでiPhoneがピピッと反応する、というものです。

さてiBeaconsで私たちの生活がどのように便利になるのでしょうか。
たとえば、とある飲食店のアプリを入れておけば、街を歩いていてその店舗に近づくと、お勧めメニューや空席情報がiPhoneにピコーンと通知されます。
さらに店内に入ればピコーンとiPhoneにクーポンが届いたりします。

飲食やアパレルなんかには効果的なマーケティング手法といわれています。

この技術は、いろいろなシーンで応用できそうです。

例えば、幼稚園では、子どもを迎えに来たお母さんのスマホに連絡事項を通知したり、逆にお迎えに来たことを園側に伝えることもできますね。

医療機関では、ネットで予約した患者さんが来院したら、医院側に通知することもできますし、診察後医院を出られた時間との差分で、患者さんがどのくらい院内で待っていたのかを把握することもできそうです。

さまざまなIT技術が次々と生まれていますが、どんな分野でも「使える技術」を見極めることが、ますます重要になっていると感じます。また、使い方次第で、驚くほど便利になったり、大きな顧客満足につながったりする時代でもあります。
「こんなこと考えてるんだけど」というご相談があれば、
お気軽にお声がけください。

テザリング スマホのうれし〜い機能

ものすごく便利なのに、あまり知られてないスマホの機能に
「テザリング」があります。

ノートパソコンにネット機能がない場合、少し前までは「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれる通信機器を使ってネット接続したものです。
でも、契約にお金がかかり、外出時にルーターを持ち歩くのが面倒でした。

今ではルーターの役割をスマホが代行してくれます。
テザリング(tethering)とは、スマホを介してパソコンやタブレット端末などをネットにつなぐること。身近なスマホで、パソコンとインターネット接続の共有ができるなんて、ホント便利な時代になりましたね!



家や職場ではノートパソコンやタブレット端末がネットにつながるけど、外出先ではつながらないという方、ぜひスマホのテザリングを活用してみては?
方法はいたって簡単。スマホを購入したショップで「テザリングできるようにして!」といえば良いのです。
料金は月額で数100円程度、期限つきの無料サービスも登場しています。

ただしスマホの定額プランに入らないと、通信料の請求金額がとんでもないことに!
また通信料が一定量を超えると、通信速度に規制がかかってしまうので、使いすぎにはご注意を。

注)古い機種のスマホは、テザリングに対応していない場合があります。

アップデート どういう意味?するべき?

とうとうWindows XPのサポートが終了してしまいましたね。
今後セキュリティアップデートの提供がないので、もしまだWindwos XPを使っていらっしゃるようでしたら、ウイルスの感染を防ぐためにインターネットへ繋ぐのは控えて、できれば早めに新しいWindowsに変えることをお勧めします。

ところで、「今使っているスマートフォンに度々アップデートって出てくるけど、どういう意味?」「したほうがいいの?」とよく聞かれます。

アップデートとは、「アプリやソフトウェアの不具合修正や、機能改善がされること」です。
なので、聞かれた時には「アップデートは原則した方が良い」と答えています。
ITの世界はつねにめまぐるしく変化しているので、新しいウイルスが出てきたら、ワクチンをアップデートする必要がありますし、新しい技術が出てきたら対応できるソフトウェアにアップデートした方が利便性がさらに上がるでしょう。

「ITと家電は新しいものが良いもの」という考えも、あながち間違ってはいないと思います。

ちなみに「アップデート」は細かな修正・更新を行うことですが、似た言葉の「アップグレード」は、大規模な改良や新機能が追加されることを指します。

ホームページも、新しい情報を追加したり、細かな改良を加えて手軽に「アップデート」ができる媒体です。文創社は、日々成長して行く皆さまのホームページのアップデートをお手伝いさせていただきます。

ご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへ

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)