コラム

コラム

カテゴリ「今さら聞けないIT用語」のコラム一覧

「スマホ決済(QRコード決済)」

政府によるキャッシュレス化推進以降、「○○PAY(ペイ)」というスマホを使った決済サービスが急増する一方、セブン-イレブンの「7pay」で不正アクセスが発覚するなど、何かと話題のスマホ決済。ここで少し、整理してみたいと思います。
スマホ決済とは、スマートフォンだけで支払いが完結するキャッシュレス決済の仕組みを指し、大きく分けて非接触通信の「FeliCa方式」と「QRコード方式」の2種類あります。

●FeliCa方式

代表的な仕組みとして「おサイフケータイ」や「Apple Pay」などがあり、スマホが非接触通信に対応している必要があります。(最近のスマホはほとんど対応しています)

●QRコード方式

アプリにより生成されたQRコードをお店の端末で読み取るか、店頭のQRコードをスマホで読み取って決済する方法。「LINE PAY」「PAYPAY」などがあります。スマホが非接触通信に対応していなくても使えるのが特徴で、お店側の設備投資の負担も少ないため、使える店舗も増えてきました。

サービス提供側としては、ビッグデータを活用した自社顧客の囲い込みや新たなビジネスモデルの創出を期待して、ポイント還元などのキャンペーンも活発になっています。
今後どこまで普及するか注目ですね。

「IFTTT(イフト)」

IFTTTとは、異なるソーシャルメディアやWebサービスを組み合わせて連携できるサービスのことです。
「IF This Then That」の頭文字で、直訳すると「もし、これだったら、あれをする」。いわゆる自動化というもので、例えば、Facebookに投稿すると、自動的にTwitterにも投稿するように連携したり、位置情報を使って最寄駅に着いたらLINEに通知したり。スマートスピーカーと家電を連携する「スマートリモコン」では、「OK Google おやすみ」と話しかけたら、照明とテレビをOFFにするなどなど。

複雑なプログラミングは必要なく、スマホアプリからも連携の設定ができるのも魅力です。IT生活がますます身近になるなか、「IFTTT」は欠かせないものとなりつつあるので、ぜひ注目を。

「チャット」

「チャット」とは「雑談・おしゃべり」という意味で、ネットワークで繋がった人同士がリアルタイムでコミュニケーションを行うことです。「チャット」と「メール」の違いは、リアルタイムかどうか。その点「LINE」などのメッセンジャーアプリはチャットの仲間といえるかもしれません。

最近は仕事でチャットを利用している方も増え、特にIT制作会社などは多いのではないでしょうか。既読確認ができたり、URLやファイルを送信できたり、とても便利なツールです。
ただ、チャットで複数の案件を掛け持ちしていると、細切れのメッセージが大量に届いて確認に時間を奪われてしまいます。「すぐ返信しなきゃ」と考える真面目な方ほど生産性が低くなってしまうことも…。
リアルタイムだからこそ便利なチャットですが、相手の状況も考えてコミュニケーションをとる必要がありそうです。

相手の時間を奪わないメール、リアルタイムで利便性の高いチャット、シビアなコミュニケーションが必要な電話や面会など、上手く使い分けるようにしたいですね。

「サブスクリプションサービス」

「サブスクリプションサービス」とは、いわゆる「定額制サービス」というもので、利用期間に応じて費用を支払うことでサービスを受けられる仕組みのことです。

特にエンタメ系サービスの認知度が高く、動画見放題の「Amazonプライム」「Hulu」や、音楽聞き放題の「Apple Music」「Spotify」などが有名ですね。

●利用者のメリット
  • 初期費用が少なく済む
  • 自分の興味の幅を広げられる
●提供側(事業者)のメリット
  • 安定収入
  • 顧客の属性、利用動向などのデータが取得できる

デジタルデータの場合、どれだけ使っても費用は変わらないので、音楽、動画配信業界はサブスクリプションに向いていると言えます。最近では、様々な業界でもサブスクリプションモデルが導入され話題を集めています。例えば、定額で1日一杯ラーメンが食べられるサービスや、月20万で3年間に6車種のレクサス車を乗り換えられるサービスも話題を集めています。

モノを売って終わりでなく、必要に応じて必要な量のサービスを提供する意味では、弊社のコンサル・制作サービスもサブスクリプションと言えるかもしれません。

「ファーストビュー」

「ファーストビュー」とは、ホームページにアクセスしたとき、スクロールせずに最初に表示される範囲のことです。

ホームページも第一印象が大切です。ユーザーは最初に表示された部分を見て、このホームページに自分が欲しい情報があるかどうか、わずか3秒で判断するといわれています。
細かい文字は読まず「パッと見」の印象で、そのホームページを見続けるかどうか決めるんですね。そのためファーストビューに何を入れるかはとても重要です。

例えばクリニックのサイトであれば、以下の情報は必須だと言えます。

  • 科目
  • TEL/住所
  • わかりやすいメニュー

また、心に響くビジュアルやキャッチコピーも考えられます。

ユーザーが見る環境は、PCであったりスマホであったり、高解像度モニタであったり、コンパクトなノートPCであったりするので、ファーストビューの範囲は環境によって異なります。
最近のモニタサイズのシェアから判断すると、下記が最適と言われています。

PCサイト:横1000px × 高さ550px
スマホサイト:横320px × 高さ460px

時代に合わせてファーストビューのサイズも変わるので、詳しくは弊社までお気軽にお尋ねください。

ご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへご相談・お問合せ・お見積りはラボアシストへ

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)

ラボアシスト 0120-853-863(全国対応)電話受付 10:00〜19:00(月〜金曜日)